カートの中身を見る カートの中身を見る

有限会社ヤマオカインターナショナルコーポレーション 世界からトップクラスのいびき・歯ぎしり用品輸入、国内独占販売!

03-6806-9515

9:00~18:00

「下肢静脈瘤」予防について

皆様、「下肢静脈瘤」ご存知でしょうか?

下肢の静脈がふくれてコブのようになる病気です。

「瘤(りゅう)」とはコブのことで、血管が部分的にふくれて盛り上がっている状態です。
静脈という足の血管の中にある逆流防止弁が壊れておこります。
血液が心臓に戻りにくくなるので、昼間立っていると足に血がたまり、午後になると足がむくんだり、だるくなります。
悪化すると湿疹や色素沈着、潰瘍などの皮膚炎がおこります。

 

                                      下肢静脈瘤になりやすい人は、                    

                           


・複数回の出産を経験した女性
・両親とも下肢静脈瘤の人
・長時間の立ち仕事をしている人などです。
 

下肢静脈瘤遺伝性があるので、両親とも下肢静脈瘤の人は90%以上が下肢静脈瘤になると言われています。

 

立ち仕事の人は下腿の筋ポンプ作用が働かないため、重力によって静脈の圧力が高い状態が長時間続き下肢静脈瘤になりやすくなります。

 

下肢静脈瘤は加齢によって増えますので、今後、高齢者の増加によって患者数は増えると思います。

 

事前に予防したいのですが、予防用の着圧ストッキングを着用したくない、

日頃行うマッサージやスポーツなどをする時間がない等と思う方が多い。

それ以外、日常、お手軽にできる予防策で効果的なものはありませんか?

 

足首・ふくらはぎ運動器 「座ってステップ」が役に立つ。

        ⇑

       詳しい情報はここをクリック


Top